トップ  市民の方へ  健康・福祉  医療費の助成   高校生等福祉医療費助成

健康・福祉

医療費の助成

高校生等福祉医療費助成

 本巣市では、平成28年4月から、高校生等の入院に係る医療費自己負担分について、『もとまる商品券』により助成します(外来分は助成対象外です)。

 ※他の福祉医療費助成対象(重度、母子、父子)となっている場合は、この助成対象にはなりません。

 

助成の対象者                                        

 以下を満たした高校生等の保護者 

 ・高校生等が健康保険の被扶養者(又は国民保険の世帯員)となっていること。

 ・高校生等又は保護者が本巣市に住民票があること。

 ・学生証など高等学校等に修学していることが確認できること。

  

助成対象となる医療費                                     

 平成28年4月以降、高校生等が国内の医療機関に入院した際に支払った保険診療自己負担分(食事療養費、高額療養費、附加給付金、他の公費助成等を除く)。

 ※差額ベッド代や文書作成料など保険適用外の自己負担分は助成対象外です。

 ●助成額は、保険診療自己負担分のうち、助成対象金額は500円単位として、端数は切り捨てます。  

 

助成の申請                                         

 申請に必要な書類等を添えて、市民課医療保険係で手続きをしてください。

 ◆必要書類等

  (1)医療機関発行の領収書(保険点数が記載されたもの) 

  (2)保険者が発行する高額療養費等支給決定通知書

  (3)高校生等の健康保険証

  (4)学生証(在学証明書など高等学校等に修学していることが確認できる書類)

  (5)印鑑 (朱肉を使用するもの)

  (6)住民票の写し(高校生等又は保護者のどちらかが市外に在住している方のみ)

   例)高校生等が本巣市外の寮にいるため、保護者と高校等が別居している場合は、市外に住所がある

     高校生等の住民票の写しが必要です。

 

 上記のほか提出が必要な書類がある場合があります。詳しくはお問合せください。

 

 


add_shimin.jpg

 

 

 

1つ上の階層へ