映像で見る淡墨桜

特徴

この淡墨桜は、桜の全種300余種の内でも名花中の上位にあると云われる品種で、蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色を帯びてくる。

 

所在地 岐阜県本巣市根尾板所字上段995
普通呼称 根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)
品種 彼岸桜 和名 ムレヒガン・・・三好 學 博士
ウバヒガン・・・牧野富太郎博士
エドヒガン・・・大井次三郎博士
樹齢 1,500余年
樹高 16.00m(2009年5月測定、以下同じ)
幹囲目通り 9.90m
枝張り 東西27.60m 南北25.00m
指定 大正11年10月12日 内務省天然記念物指定
(指定の事由)由緒ある桜の代表的巨樹

 

春の淡墨桜

 

淡墨桜 

樹齢1,500余年、樹高16.3m、幹囲9.9mの名桜。
満開はつややかな白、散り際には淡墨色になることから淡墨桜と名付けられました。
開花シーズンには、1日8,000人近く訪れます。

 

 

冬の淡墨桜

  sakura2.JPG

 


 

 

toiawase.jpg

1つ上の階層へ